くらし

防災講演『激甚化する豪雨災害と防災気象情報の利活用』の開催について

  • [2019年1月7日]

 近年、地球温暖化が叫ばれる中、各地でこれまで経験したことのない豪雨による甚大な災害が頻発しており、さらに豪雨災害のリスクが高くなることが予測されます。
 こうした中、ハード対策だけでは人命を守り切ることは不可能であり、地域の住民が連携して自らの命を守る意識と知識を高めることが重要となります。
 近年各地で発生している豪雨災害の特徴や時々刻々と伝えられる防災気象情報の意味を読み解き、どうすれば命を守ることができるかについて講演を行います。

 日 時:平成31年2月9日(土) 午後1時から午後2時30分
 場 所:かくだ田園ホール 角田市角田字牛舘10
  ※ 参加費無料。どなたでも参加できます。

講 師:和田 幸一郎 氏(気象予報士)

 陸上自衛隊、国鉄を経て1987年に気象庁に入庁。東北各地の気象台に勤務し、2017年4月に秋田気象台長に就任後、約2か月弱で秋田県の全市町村を訪問し、平時から気象台と自治体トップや防災担当者と「顔の見える関係」を築く。2017年4月の大雨対応では、市町村とのホットラインが友好的に機能した例として全国から注目を得る。現在は、各地の気象防災講演、講座を行いTV番組「教えて気象台」(秋田朝日放送)にレギュラー出演し、分かりやすい気象解説で定評がある。

このページに関するお問合せ
角田市総務部防災安全課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2123