くらし

避難所における新型コロナウィルス感染症対策について

  • [2020年5月12日]

避難所における新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において、災害が発生し指定避難所を開設する場合には、感染症対策に万全を期すことが重要となっています。

 また、災害時には断水により手指の流水洗浄ができない可能性があることや、指定避難所などの密集した環境下での集団生活等により、ノロウイルス等による感染性胃腸炎やインフルエンザ、新型コロナウイルスなどの感染が拡大するリスクが高まります。

 新型コロナウイルスが終息する前に、地震、風水害が起きたらどうなるのか、平時の事前準備および災害時の対応を考えておきましょう。

 

〇「避難」とは「難」を「避」けることです。自宅での安全確保が可能な人は、感染リスクを負ってまで指定避難所に行く必要はありません。

〇自宅が危険な場合など、緊急時に身を寄せる避難先は市が開設する指定避難所だけではありません。避難所が過密状態になることを防止するためにも、可能な場合は安全な親戚、知人宅等に避難することも検討しておきましょう。
 

関連情報リンク

指定避難所を開設した場合の対策

〇手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底
 避難者や、指定避難所の運営に携わる方は、断水等の影響がない場合、頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染症対策を徹底しましょう。

〇指定避難所の衛生環境の確保
 物品などは定期的に、または汚れがあるときは、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、避難所の衛生環境をできる限り整えましょう。

〇指定避難所に持っていくもの
 市の備蓄品には無いものや数に限りもあることから、自分が必要なものは自分で持参しましょう。

《例えば》  
マスク(タオル等)、アルコール消毒液(ウェットティッシュ等)、体温計、食料・飲料水、寝具(毛布等)、敷物、着替え、常備薬、スリッパ、携帯ラジオ、モバイルバッテリー など。

〇換気、スペースの確保
 指定避難所では、換気と避難された方のスペースを確保できるように努めます。 避難される皆さんも換気の協力や、本当に避難を必要とする方が指定避難所に行けるよう配慮をお願いします。

〇発熱、咳等の症状がある方
 避難を検討する段階で体温を確認し、発熱、咳などの症状のある方は、必ず受付け時に申し出てください。症状のある方は、一般の避難者とは別に対応しますのでご協力をお願いします。

このページに関するお問合せ
角田市総務部防災安全課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2123