くらし

全ての座席でシートベルト着用の徹底を!

  • [2009年1月6日]

改正道路交通法の施行により、全ての座席のシートベルト着用が義務化になっています。正しい着用を習慣にしましょう!

後部座席のシートベルトの必要性


後部座席に乗車中、シートベルト非着用で事故に遭った場合、衝突時に前席シートバックや天井に叩きつけられたり、車外に放出される危険があります。
そればかりか、前席の乗員がシートベルトを着用していたにもかかわらず、前方へ跳ね出された後部座席の同乗者に巻きこまれ、作動したエアバックとシートバックに強く挟まれて負傷したり、死亡した事故も発生しています。
シートベルトを着用することは、自らの命を守るばかりではなく、同乗者の命も守ることにつながります。


幼児は自分で自分の安全を確保できません



子供が嫌がるから、子供が窮屈そうだから、などといった理由でチャイルドシートを着用させないことは、本当の愛情ではありません。
大切な子供の命を守るためにも、チャイルドシートは、子供の体格に合ったものを正しく使用しましょう。
また、保護者自らも正しくシートベルトを着用して、子供の模範となりましょう。

膝の上での抱っこは大変危険です!

もし、時速約40キロメートルで衝突したとしたら、体重10キログラムの子供も、約30倍の300キログラムの衝撃が掛かるといわれており、到底人の力で支えられるものではありません。
車外に投げ出される危険性もあります。

このページに関するお問合せ
角田市総務部防災安全課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
電話:0224-63-2123