角田市の紹介

平成22年角田市10大ニュース

  • [2010年12月27日]

平成22年角田市10大ニュース


1.常磐自動車道にアクセスする「角田山元トンネル」が開通、大動脈の開通により角田盆地の新たな時代の幕開けを迎える

2.小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが、東北で初めて角田宇宙センターで一般公開される

3.角田市・グリーンフィールド市姉妹都市交流20周年を記念して、両市が相互に訪問し、さらなる親善交流を誓う

4.「角田ブランド推進室」を新設し、農畜産物など地域資源を活用した「食のブランド化」へ本格的に着手

5.東京農業大学と「包括連携協定」を締結、大学の研究成果や知的財産を活用したまちづくりを目指す

6.市民力を結集した「第5次長期総合計画」策定に向け、まちづくり懇談会、まちづくり市民フォーラムなどを開催

7.小田小学校の廃校と角田小学校への統合が決定

8.記録的な猛暑で高温障害による米の品質低下など農作物に大きな被害

9.友好都市目黒区が区民に対する地球温暖化対策への啓発と相互交流を促進するため、四方山に「めぐろエコの森」を創設

10.スペースタワー・コスモハウス入館者50万人、角田市民ゴルフ場利用者30万人、デマンド型乗り合いタクシー「ラビットくん」乗車10万人を達成、「阿武隈リバーサイドマラソン大会」参加者も過去最高の2,083人で記録づくしの年となる

平成22年角田市重大ニュース


○春の叙勲で遠藤紀一氏、南部信吉氏、秋の叙勲で竹村富五郎氏、鈴木勝宏氏、緑川みゐ子氏、高齢者叙勲で名取達夫氏、齋藤達雄氏、危険業務従事者叙勲で北郷哲夫氏、佐藤林太郎氏がそれぞれ受章

○東根小学校が「全日本小学校ホームページ大賞」で県代表校に選出され、全国大会へ

○西根地区において独身男女の交流を図るため「田んぼアートでGOコンだ!交流事業」を開催

○市の観光名所を図案にした切手シートが販売され、1,000枚が完売

○「高蔵寺ホタルの里づくり事業推進委員会」が高倉川にホタルの幼虫と餌となるカワニナを放流、6月には高蔵寺などでホタルまつりを盛大に開催、約1,000人が訪れる

○経営の効率化と機能の強化を図るため、仙南3青果が統合し新会社「叶蜩青果」を設立、角田市地方卸売市場が役割を終える

○全国土地改良事業団体連合会主催の農業農村整備優良地区コンクールで、角田隈東土地改良区枝野地区が、地域農業の発展などに寄与したことにより、農林水産大臣から表彰される

○角田市商工会が創立50周年を記念し、市内64の参加店から5店舗を選んで巡るスタンプラリー「かくだ!ほろ酔い祭り」を開催、700人余りが参加し、夜の角田が大いに賑わう

○角田市で水道事業を開始して以来初めて、家庭用水道料基本料金の引き下げを行う

○夏目漱石の小説「坊っちゃん」は、旧制宮城県第四中学校(現角田高校)での出来事をモデル化したという説を唱える勝山一義氏が、角田市民文化祭で講演

このページに関するお問合せ
角田市総務部総務課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2111

秘書広報係(秘書関係)
 電話:0224-63-2191

秘書広報係(広報関係)
 電話:0224-63-2191