くらし

平成29年度定期予防接種

  • [2017年4月1日]

予防接種について

 赤ちゃんがお母さんからもらった病気に対する抵抗力(免疫)は、生後12か月までにほとんど失われていきます。
 予防接種はお子さんを感染症から守るため、予防接種法により対象疾患や接種期間などが定められています。
 
【料金】
無料(対象から外れた場合は任意接種となり有料です)
 
【持ち物】
健康保険証、予診票、母子健康手帳
・各予診票は保健師が新生児訪問時にお渡しいたします。
・「予防接種と子どもの健康」(市から配られた説明書)をよく読んで、注意事項や副反応等も理解してから記入してください。
 
■転入の方には予防接種の履歴を確認させていただき、必要に応じて予診票を発行します。健康推進課へ母子健康手帳をご持参ください。
■平成29年度予防接種一覧(年間予定表)を総合保健福祉センターに備えておりますのでご利用ください。

個別接種(委託医療機関)で受けるもの

 個別で行う予防接種は4種混合・2種混合・麻しん風しん混合・日本脳炎・不活化ポリオ・子宮頸がん予防・ヒブ・小児用肺炎球菌・水痘・B型肝炎です。
 
【接種対象者・接種回数】
平成29年度定期予防接種一覧をご覧ください。
 
【実施医療機関】
平成29年度定期予防接種一覧(実施医療機関、接種間隔)をご覧ください。
 
【接種料金】
無料
 
麻しん風しん
 「はしか」は「麻しんウイルス」によって空気感染などで引き起こされる感染力が極めて強い病気です。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症します。対象年齢になったら早めに受けましょう。麻しん風しん混合ワクチンを接種することにより「風しん」も予防することができます。
 
日本脳炎
 日本脳炎の予防接種は、マウス脳製法による日本脳炎ワクチン(旧日本脳炎ワクチン)接種後に重篤な副反応(重症ADEM:急性散在性脳脊髄炎)が発生したことにより、平成17年5月厚生労働省勧告のもと積極的勧奨を差し控えていました。
 その後、新しいワクチンが開発され、安全性や供給実績から積極的な勧奨を行う段階に至ったものと判断されたことから、平成22年度から対象者の一部に対して積極的勧奨を実施しています。
 なお、予防接種法施行令及び実施規則の一部改正により、積極的勧奨を差し控えていた方(H7.4.2〜H19.4.1生まれの方)は、20歳未満までの間、定期予防接種として受けることができます。
 
不活化ポリオ
 平成24年8月にこれまでの経口生ポリオワクチンが廃止になり、9月1日から不活化ポリオワクチンが定期予防接種に導入されました。その後、平成24年11月から開始した4種混合ワクチンにも含まれています。現在は、4種混合ワクチンの勧奨を行っています。

子宮頸がん予防ワクチン
 子宮頸がんは発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの持続的な感染が原因となって発症します。子宮頸がん予防ワクチンは、がんに移行する前段階の病変の発生を予防するワクチンです。
 
※平成25年6月14日付け厚生労働省健康局長通知により、積極的勧奨を差し控えております。
 
水痘
 水痘は軽いものと思われがちですが、まれに合併症を引き起こし、入院や死亡するケースもある感染症です。1回の予防接種で重症化をほぼ100%、2回の接種で軽症も含め発症を予防できると考えられています。
 
ヒブワクチン
 ヒブ(ヘモフィルスインフルエンザ菌b型)は中耳炎、副鼻腔炎等の他、細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎等重篤な感染症を起こす病原細菌です。ヒブワクチンは、これらの重症なヒブ感染症を予防します。
 
小児用肺炎球菌ワクチン
 肺炎球菌は、子どもの多くが鼻の奥に保菌しており、ときに細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎といった病気を起こします。小児用肺炎球菌ワクチンは、これらの重症感染症を予防します。
 
※ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンは、接種開始月齢により接種回数が異なります。
 
B型肝炎
 B型肝炎はB型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスは一過性の感染で終わる場合とそのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアという)があります。
 ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎への抵抗力(免疫)ができ、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防できます。

 

集団接種(総合保健福祉センター)で受けるもの

 

種類

標準的な接種期間(対象年齢)

回数及び間隔

BCG(結核)

生後5月〜8月未満(生後12月に至るまでの間)

1

 

 

日(曜)

対 象 者

日(曜)

対 象 者

4

13(木)

28.9.23

28.11.14生まれ

10

24(火)

29.4.2

29.5.25生まれ

6

29(木)

28.11.15

29.1.30生まれ

12

14(木)

29.5.26

29.7.15生まれ

8

31(木)

29.1.31

29.4.1生まれ

2

8(木)

29.7.16

29.9.9生まれ

 

 ※生後12月に至るまでの間にある未接種のお子さんも上記実施日に受けることができます。

 
■注意事項:
・BCG接種後、30分ほど会場で様子を見ますので、余裕をもって来てください。
・BCG接種後、27日以上あけてから次の予防接種を受けてください。
・保護者以外の方が来る場合は、委任状が必要となります。

このページに関するお問合せ
角田市市民福祉部健康推進課
住所:〒981-1505 宮城県角田市角田字柳町35-1
電話:0224-62-1192