事業者向け情報

高収益作物次期作支援交付金について

  • [2020年8月27日]

事業の概要

新型コロナウイルス感染症の発生により売上げが減少する等の影響を受けた高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援する事業です。

交付対象者

(1)令和2年2月から4月の間に野菜、花き、果樹、茶について、出荷実績がある生産者または廃棄等により出荷できなかった生産者
(2)収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入しているまたは加入を検討すること

事業内容・要件(本事業は3つの事業に分かれています)

(1)次期作に前向きに取り組む生産者への支援

【交付単価:5万円/10a】(中山間地域は1割加算)

※施設栽培の花き、大葉及びわさびは80万円/10a

※施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどうは25万円/10a

【交付対象ほ場面積】2つ以上の取り組みを実施する面積

【対象となる取り組み例】

・産地等で推奨する品目または品種の栽培

・産地等で推奨する肥料、農薬等の資材の購入

・JA等が実施する労働安全講習会に参加 等

(2)新たな品種や新技術の導入等の取り組みを支援

【交付単価:10aあたり2万円×取り組み数】(中山間地域は1割加算)

【交付対象ほ場面積】1つ以上の取り組み(取り組み類型)を実施する面積

【対象となる取り組み】

1.新たに直販等を行うためのHP等の整備

2.新品種・新技術の導入等に向けた取り組み

3.海外の残留農薬基準への対応または有機農業・GAP等の取り組み

※2万円/10a×取り組み数(3つの取り組み(1.2.3.すべて)で、最大6万円/10a)

(3)高品質なものを厳選して出荷する取り組みへの支援

【交付単価:1人1日あたり2,200円】

※対象品目は、花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう及びぶどう

詳細情報

このページに関するお問合せ
角田市産業建設部農林振興課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2119