くらし

狂犬病予防注射

  • [2017年3月7日]

狂犬病予防注射とは…

 狂犬病予防注射は、狂犬病予防法第5条により、生後91日以上の犬の所有者が毎年1回受けさせなければなりません。

 犬に狂犬病予防注射を受けさせなかった場合は、狂犬病予防法第27条により罰せられます。

 狂犬病予防注射の接種方法は、市で行う集合注射と各自が動物病院で行う注射の2通りあり、注射後に注射済票が交付されます。

 

 

集合注射

 毎年4月に市内各地区で集合注射を行いますので、詳しい日程や場所などについては、『広報かくだ』やホームページなどでお知らせする他、登録済みの犬の所有者には事前に連絡いたします。

 登録している犬の注射手数料は、次のとおりです。

 

1頭あたり3,100

 

 なお、登録していない犬については、集合注射の会場で登録もできます。

 

 ○1頭あたり6,100円(登録:3,000円、注射:3,100円)

 

 

動物病院で行う注射

 動物病院で狂犬病予防注射を行う場合、日時や料金については動物病院にご確認ください。

 特に指定の動物病院はありません。

 

 注射を受けると、動物病院より注射済証を渡されますので、それを生活環境課へ持参して、注射済票の交付を受けてください。その場合、手数料が掛かります。

 

○狂犬病予防注射済票交付手数料:550

 

 

このページに関するお問合せ
角田市市民福祉部生活環境課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
電話:0224-63-2118