市政・まちづくり

角田市男女共同参画計画〜かくだ男女生き生きプラン〜

  • [2008年6月10日]

男女共同参画社会とは

男女共同参画社会の定義(男女共同参画社会基本法より)
 
 男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会(第2条)
 
 男女共同参画社会とは、男女の人権が等しく尊重され、お互いが支えあい、利益も責任も分かち合える、いわば、女性と男性の対等なパートナーシップで築き上げるバランスの取れた社会です。
 
男女共同参画計画策定の趣旨
 
 我が国では、日本国憲法に個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、男女平等の実現に向けた様々な取り組みが進められてきました。その結果、法律や制度上での男女平等は大きく前進しました。
 しかし、いまだに人々の意識や行動、社会の慣習・慣行の中には、女性に対する差別や偏見、男女の役割に対する固定的な考え方に基づくものが見られ、個々人の多様な生き方を阻害している現状があります。さらに、少子高齢化による社会構造の変容は、私たちの生活環境、ことに社会における女性と男性のあり方に大きな影響と変化をもたらし、これまでのライフスタイルでは、時代に対応しがたい状況が多々見受けられるようになりました。これを受け、1999年6月に『男女共同参画社会基本法』が制定され、あらゆる分野において、男女が共に、それぞれの個性と能力を発揮できるような社会づくりの基本方針が明文化されました。男女共同参画社会基本法には「市町村は、男女共同参画基本計画及び都道府県男女共同参画計画を勘案して、市町村男女共同参画計画を定めるように努めなければならない」と規定されています。
 本市は、市民と行政が一体となって、男女がお互いを認め合い、支えあい、尊重し合える意識を育み、一人ひとりの個性と能力を十分に発揮できる“生き生きとしたまち”の実現を目ざし、ここに角田市男女共同参画計画『かくだ男女生き生きプラン』を策定します。

計画の基本的な考え方

1 計画の基本理念
 本計画は、市民一人ひとりが、性別を問わず、社会の様々な領域で、人間として互いの人格や生き方を尊重し、利益も責任も分かち合い、それぞれの個性や能力を十分に発揮して、相互の協力のもと、より豊かで充実した生活を送ることができるよう、市民・企業・行政の協働による、生き生きとした男女共同参画社会の実現を目ざすものです。
 
2 計画の目指す3つの方向
<男女共同参画に向けた意識づくり>
<男女共同参画に向けた環境づくり>
<男女共同参画による生活づくり >
 
3 計画の目標
 計画の目ざす3つの方向を実現していくための目標として、4つの基本目標を掲げ、それぞれの目標に対する課題及び施策の方向を明らかにしています。
 
<4つの基本目標>
 1 男女平等への意識改革と自立を目ざす教育・学習の推進
 2 働く場における男女平等の実現
 3 地域・社会における男女共同参画の促進
 4 家庭における男女共同参画の促進
 
4 計画の名称
角田市男女共同参画計画の名称は、「かくだ男女生き生きプラン」とする。
 
5 計画の性格
*この計画は、男女共同参画社会を実現するため、世界的な動向や、国、県の動きを踏まえ、本市が行う施策の方向と主な事業を総合的にまとめたものです。
 
*この計画は、角田市新長期総合計画における協働社会プロジェクトに基づき策定したものです。
 
*この計画は、住民意識調査の結果及び協働社会プロジェクト男女共同参画作業部会、かくだ男女生き生きプラン検討委員会の意見・提言を参考に、協働社会プロジェクト推進検討会議で審議し、策定したものです。
 
*この計画は、平成22年度(2010年度)を目標年度に、角田市における男女共同参画社会づくりのための基本的な道筋を示したものです。
 
*この計画は、「男女共同参画社会基本法」に規定された市町村の努力義務に対応した計画です
 
6 計画の期間
 本計画は平成15年度からスタートし、目標年次を「角田市新長期総合計画」と整合させ、平成22年度までの8年間とします。ただし、社会情勢の変化に対応しながら、計画の見直しを行います。

計画の推進体制

1 庁内推進体制の整備・充実
 本計画を総合的かつ効果的に推進するため、庁内推進組織である「協働社会プロジェクト推進会議」を充実し、各課間の調整・連携を図りながら、全庁的に取り組みます。
 
2 市民による推進体制
 市民の意向や地域の特性を生かした男女共同参画行政を推進していくため「かくだ男女共同参画推進委員会(仮称)」を設置します。
 
3 国・県・関係機関との連携
  国・県・近隣市町村・関係機関等との連携と相互協力体制の強化を図ります。
  
4 進行管理と施策の積極的展開
 「男女共同参画社会に関する意識調査」を実施し、住民の意識変化や行政への要望を把握します。
 角田市で策定する各種の計画に、男女共同参画社会の実現に関する施策を適切に位置づけ、市の行政全体を通じた男女共同参画社会の実現の促進に努めます。

このページに関するお問合せ
角田市総務部政策企画課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
電話:0224-63-2112