市政・まちづくり

地域再生計画の事後評価について

  • [2013年5月30日]

地域再生計画とは?

 地域経済の活性化や地域における雇用機会の創出などを図るため,地方自治体が,「地域再生法(平成17年4月1日施行)」に基づく「地域再生計画」を作成し,内閣総理大臣から認定を受けることで,「地域再生基盤強化交付金」が交付される制度となっています。
 角田市では,平成17年6月17日付けで内閣総理大臣の認定を受け,「地域再生基盤強化交付金(汚水処理施設整備交付金)」を活用し,平成17年度〜平成21年度にかけて公共下水道の整備および個人設置型浄化槽に対する補助を行いました。

計画の概要

1.地域再生計画の名称

   角田市「かくだの風景」水環境再生計画

2.地域再生計画の作成主体の名称

   角田市

3.地域再生計画の区域

   角田市の全域

4.地域再生計画の目標

  1 公共下水道等による汚水処理整備人口率54.4%(平
    成16年度末現在)を,5年間でおおよそ66%まで高
    める。

  2 角田市内の中小河川(小田川・桜井川・半田川・尾袋川
    ・高倉川・雑魚橋川)6箇所における水質(BOD)を
    平均1.7mg/g以下から1.1mg/g以下にする。

5.目標を達成するために行う事業

   汚水処理施設整備交付金を活用して公共下水道の整備およ
   び個人設置型浄化槽への補助を行う。
  
6.計画期間

   平成17年度〜21年度

計画の事後評価

 計画に記載されている数値目標に照らし状況を調査,評価しましたので公表します。
(本来は,平成22年度で公表を予定しておりましたが,東日本大震災等のため公表が遅れました。)

事後評価シートについて

このページに関するお問合せ
角田市総務部企画財政課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2113