市政・まちづくり

全国家計構造調査にご協力をお願いします。

  • [2019年6月21日]

 令和元年10月から11月の期間で、全国家計構造調査が実施されます。みなさま調査へのご協力をお願いします。

【調査の目的は?】
全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的としています。
 
【調査の対象は?】
平成27年国勢調査区のうち、総理大臣の指定する調査区に居住する世帯を対象としています。
対象:角田地区の5ヵ所・西根地区の1ヵ所から計48世帯
 
【調査時期は?】
令和元年10月1日から11月30日の2か月間
※8月から調査員が事前調査のために対象調査区の世帯を訪問します。
 
【調査事項は?】
  • 毎日の収入と支出に関する事項
  • 世帯及び世帯員に関する事項、住宅・宅地に関する事項
  • 年間収入及び貯蓄・借入金残高に関する事項
などを記入していただきます。 
 
【調査の方法は?】
担当の調査員が調査書類を配布いたします。調査の回答方法は、インターネット回答、もしくは紙の調査票による郵送又は調査員が直接回収の方法を選択していただきます。
なお、インターネット回答は24時間いつでもご都合の良い時間に回答ができるため、インターネットの回答を推奨しております。
 
【調査結果の利用は?】
調査結果は、国民生活の消費構造や所得水準に関する基礎資料として、国や地方公共団体における施策の企画・立案や、各府省の白書、大学や研究機関などで広く有効に利用されます。
 
 
【調査の根拠法令は?】
調査は、統計法(平成19年法律第53号)による基幹統計『全国家計構造統計』の作成を目的とする統計調査として、全国家計構造調査規則(平成31年3月14日総理府令第23号)に基づいて実施します。

【調査の内容の秘密は保護されるの?】
 全国家計構造調査は統計法という法律に基づいた基幹統計調査です。
この法律により、調査に従事する人(国・地方公共団体の職員、指導員、調査員)には、調査上知り得た秘密を他に漏らしてはならない守秘義務が課されています。また、調査情報等の利用制限も定められており、秘密の保護が徹底されていますので、安心してご記入・ご回答ください。

【その他】
全国家計構造調査を装った不審な訪問者や電話・電子メールなどにご注意ください。
 
※調査員は「調査員証」を必ず携帯しています。調査票の受け渡しの際はご確認ください。
なお、不審な点がありましたら、角田市役所企画財政課までお知らせください。
 
 
 

       調査へのご理解・ご協力をお願いします。

リンク

このページに関するお問合せ
角田市総務部企画財政課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2113