事業者向け情報

広告入り窓口封筒の寄付者公募のお知らせ

  • [2018年4月11日]

平成30年度角田市広告入り窓口封筒の寄附者募集要項

1.趣旨
住民票の写し、戸籍謄本、市税に関する証明書などを交付する際に使用する広告入り窓口封筒を寄附してくださる企業や個人を募集します。
 
2.仕様
(1)広告掲載の対象物
窓口封筒:来庁者が転出証明書その他各種証明書・各種届書用紙の持ち帰り用として利用するものです。多くの市民の手に渡るので注目を集めますが、必要に応じて来庁者が自由に利用するものであり、市が利用を促進させるものではありません。
 
(2)作製予定枚数(平成30年9月1日から1年間の使用予定枚数)
30,000枚 大封筒2,000枚×12月=24,000枚
        小封筒  500枚×12月= 6,000枚
 
(3)設置場所
・角田市役所市民課
・藤尾自治センター
・東根自治センター
・北郷自治センター
・西根自治センター
 
(4)掲載できる広告について
・広告主、広告内容は、角田市広告掲載に関する基準を遵守してください。
・市の記載部分は、封筒の表面積及び裏面積のそれぞれ60パーセント以上とし、記載内容は本市が指定します。
・広告の範囲は、各封筒の表面積及び裏面積のそれぞれ40パーセント未満とします。
・広告内容の審査は、角田市広告審査委員会が行います。
 
(5)窓口配布期間
封筒の有効期限は、平成30年9月1日から平成31年8月31日までとします。
 
3.製作上の注意事項
(1)広告内容、色、形状等の封筒の仕様については、事前に本市と協議してください。
 
(2)封筒は、本市の承諾を受けた後に作成してください。
 
4.広告内容の苦情等
(1)寄附をされる方は、広告の内容に関する苦情等について責任の一切を負い、速やかに苦情等の解決にあたってください。
 
(2)寄附をされる方は、広告主の営業停止等の問題が生じた場合は、速やかに市に通知し、当該封筒を回収し、代替の封筒を本市に提供してください。
 
5.応募要件
 角田市広告掲載に関する基準のほか次の要件をすべて満たしていることが必要です。
(1)市区町村税の滞納がないこと。
 
(2)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者。(一般競争入札の参加者の資格)
 
(3)商法(明治32年法律第48号)第381条第1項の規定による会社の整理の開始を命ぜられていない者であること。
 
(4)過去3年間で5以上の地方公共団体への事業実績があること。
 
6.募集期間、応募方法
(1)募集期間:平成30年4月11日(水)〜平成30年4月25日(水)午後5時15分
 
(2)応募方法
・書留郵便、配達記録郵便、ゆうパック、宅配便のいずれかにて送付してください。
※平成30年4月25日(水)必着のこと。
・持参による場合は下記まで提出してください。
※受付時間:午前8時30分から午後5時15分(土曜・日曜・祝日を除く)
 
(3)提出書類
1)申込書(様式1)
2)事業提案書(様式2)
3)法人登記簿謄本(発行3ヶ月以内のもの)
4)市区町村税の直近の納税証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
5)会社概要(パンフレットなど)、個人事業主の場合は身元証明書(免許証、パスポート、健康保険証など)
6)封筒見本
※提出された書類は目的外に無断で使用しないものとします。
※提出書類は返却しません。
 
7.選定方法
(1)選定にあたっては、提案内容、過去の実績等を総合的に勘案して1の寄附者を選定します。
 
8.問い合わせ先
角田市役所市民福祉部市民課市民係
電話:0224−63−2116(直通)
電子メール:shimin@city.kakuda.lg.jp(E-mailによる提出は受理しません)
 
9.提出先
〒981-1592 角田市角田字大坊41番地 角田市役所 市民福祉部市民課

角田市広告入り窓口封筒の取扱いに関する要領

(目的)
第1条 この要領は、本市(以下「市」という。)に来庁した市民等が本庁舎等の窓口で交付された各種証明書等を入れるために使用する広告入り窓口封筒(以下「封筒」という。)に関し、寄附の申し出があった場合の取扱いについて必要な事項を定めるものとする。
(設置場所)
第2条 封筒は、市民課、藤尾自治センター、東根自治センター、北郷自治センター、西根自治センターに設置するものとする。
(設置期間)
第3条 封筒の設置期間は、1年間とする。ただし、市は、当該封筒を寄附する者(以下「寄附者」という。)と協議の上、設置期間を変更することができる。
(製作上の注意事項)
第4条 封筒を製作する者(以下「製作者」という。)は、広告主の募集にあたり、自らが広告の募集者であることを明確にするとともに、市が広告を募集しているような誤解を与えてはならない。
2 製作者は、市の業務内容を封筒に掲載する場合は、市長の指示に従うものとする。
3 封筒の設置は、市長の指示に基づき、指定期日までに寄附者が行うものとする。
(広告主)
第5条 広告主は、市内及び近隣市町村に活動拠点を有する法人その他の団体又は個人とする。
(広告の範囲)
第6条 封筒に掲載する広告の範囲は、角田市広告掲載に関する基準第3条に定めるところによるものとする。
(広告の規格)
第7条 広告の規格については、掲載位置、大きさ等を考慮して別途協議のうえ、定めるものとする。
(寄附者の公募等)
第8条 寄附者は、公募により決定するものとする。
2 前項の公募は、市のホームページに掲載することにより行うものとする。
第9条 前項の公募に対して複数の応募があった場合は、別に定める角田市広告入り窓口封筒の寄附者募集要項により1寄附者を決定するとともに、寄附採納事務取扱規程(平成15年3月31日庁訓第4号)に基づく寄附採納の手続きを行うものとする。
(苦情処理等)
第10条 製作者は、広告の内容に関する苦情等について責任を負い、速やかに苦情等の 解決にあたるものとする。
2 製作者は、広告主の営業停止等の問題が生じた場合は、速やかに市に通知するとともに、当該封筒を回収し、代替の封筒を市に提供する。
(寄附の取消し等)
第11条 市長は、次の各号に該当するときは、寄附の決定を取消し又は中止(以下「取消し等」という。)することができるものとする。
(1)市長が指定する期日までに、封筒を納品しなかったとき
(2)その他市長が封筒の寄附について支障があると認めたとき
2 前項の規定による封筒の寄附の取消し等により受けた損害について、寄附者は市長に対しその損害の賠償を請求することができないものとする。
(確認書の締結)
第12条 市長は、第9条の規定に基づき寄附者の決定をしたときは、封筒の製作及び寄附に関して、市と寄附者双方で確認書を取り交わすものとする。
(委任)
第13条 この要領に定めるもののほか、封筒の製作及び寄附に関し必要な事項は、市長が別に定める。
 
附則 
この要領は、平成20年4月1日から施行する。
附則
この要領は、平成30年4月1日から施行する。

このページに関するお問合せ
角田市市民福祉部市民課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
市民係
 電話:0224-63-2116

保険年金係
 電話:0224-63-2117