事業者向け情報

公共工事における中間前金払制度の導入について

  • [2018年11月27日]

 角田市では、建設事業者が直面している厳しい経営環境を踏まえ、市が発注する工事について、受注業者の資金繰りの改善及び経営基盤の強化を図るため、中間前金払制度を導入することとしました。

 平成30年12月1日以降に角田市と契約締結を行う公共工事から適用します。


1.中間前金払制度とは

 工事請負契約において、当初行った前金払に加え、工期が2分の1を経過したときに、契約金額の2割を追加して前金払ができる制度です。

2.中間前金払の対象となる工事

 請負代金額が500万円以上、かつ、工期が100日以上の建設工事です。
 なお、契約を変更した場合において、変更後の請負代金額が500万円以上、かつ、工期が100日以上となった場合を含みます。

3.中間前金払の割合

 請負代金額の2割を超えない範囲内とします。
 ただし、当初の前金払と合計して、請負代金額の7割を超えることはできません。

4.中間前金払の認定要件

  次の要件全てに該当することが必要です。
(1)当該契約に係る工期の2分の1を経過していること。
(2)工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべきもの
  とされている当該工事に係る作業が行われていること。
(3)すでに行われた当該工事の作業に要する経費(工事現場に搬入
  された検査済みの材料等の額を含む。)が請負代金額の2分の1
  以上の額に相当するものであること。
(4)当該工事における当初の前払金を受領済みであること。 

5.中間前金払認定請求書の提出先

 対象となる建設工事の監督職員へ提出してください。
 制度に関しご不明な点等ありましたら、対象工事担当部署または総務課管財契約係へお問合せください。


6.規則及び要綱(様式)

このページに関するお問合せ
角田市総務部総務課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2111

秘書広報係(秘書関係)
 電話:0224-63-2191

秘書広報係(広報関係)
 電話:0224-63-2191