くらし

社会福祉協議会のサービス

  • [2011年9月15日]

【所在地】角田市角田字柳町35-1
【連絡先】Tel:63-0055
【開館時間】8時30分〜17時15分
【休み】土・日曜日、祝日、12月29日〜1月3日
【ホームページ】http://kakuda-shakyo.net/

福祉活動のサービス

     事業名               内容
 日常生活用具の貸付 身体障害者やねたきり老人等になり、車いすや特殊寝台、エアマットの交付を申請中で交付前の方や、病院からの退院や通院などのために、必要になった方にお貸しします。貸与期間は当該年度内で、費用は、物品を1つ貸与するにつき、運営協力費として3,000円をご負担していただきます(電動ベッドは1,000円増)。短期の場合は、1ヶ月500円を負担していただきます(ただし、マットレス、シーツは衛生品なので貸与には含めません)。
 ガイドヘルパーの派遣 重度視覚障害者(2級以上)が、外出するときに適当な付き添いが得られないときにガイドヘルパーを派遣します。費用は、利用登録時に運営協力費として3,000円をご負担していただきます。ガイドヘルパーの交通費等は本人負担となります。
 テープ広報 視覚障害者に、ボランティアの協力のもとカセットテープに吹き込んだ「広報かくだ」を、盲人用郵便を利用して無料で郵送します。
 福祉自動車
 送迎サービス事業
車いす使用で歩行が著しく困難な方やねたきり老人の方が、通院、入退院、施設入退所、公共団体の会議出席の際に既存の交通機関の利用ができない場合に送迎サービスを行います。利用予定日の1か月前から5日前までに申込をしてください。費用は、利用登録時に運営協力費として3,000円をご負担していただきます。利用範囲は、原則として角田市内および近隣市町です。
 ひとり暮らし老人
 交流事業
市内に居住する74歳以上のひとり暮らし老人で健康な方を対象に、孤独感からの解放を図るために温泉に招待し、情報提供と交流を行います。
 老人スポーツ施設
 整備助成事業
地域内で、老人クラブ等が管理・利用している主にゲートボール場やグランドゴルフのコートを整備する際に、その費用の一部を助成します。1件につき1万5千円を限度とします。

ボランティア活動のサービス

事業名
内容
ボランティアセンターの運営事業 ボランティアの窓口として、ボランティアの相談はもとより、ボランティアの養成等を行い、市民ボランティアニーズに対応します。ボランティア保険の申込も随時行います。
福祉体験学習の指導・支援 福祉教育の一環として、学校で行われる体験学習に出向き、車椅子、白杖を使いながら、高齢者、障害者を理解してもらうとともに接し方などの指導も行っています。
アクティビティサービスの支援 行政区または地区単位で、高齢者等を対象にボランティアや民生委員が中心となり健康チェックや会食、余興等で一日過ごし、健康づくり、仲間づくりの一役を担います。

このページに関するお問合せ
角田市市民福祉部社会福祉課
住所:〒981-1505 宮城県角田市角田字柳町35-1
 電話:0224-61-1185