角田市の紹介

福應寺毘沙門堂絵馬が国の指定文化財に

  • [2012年3月13日]

福應寺毘沙門堂絵馬が国の指定文化財に

福應寺毘沙門堂絵馬が国の指定文化財になりました

平成24年3月8日に、東京都の如水会館で重要有形民俗文化財の指定書交付式がおこなわれました。
式には福應寺の佐藤隆信住職や大友喜助市長が出席し、佐藤住職が文化庁長官から指定書を受取りました。(写真の中央の2人のうち、左側が文化庁長官、右側が佐藤住職)


県内初の指定

福應寺毘沙門堂絵馬は、全国で212件目、宮城県では初の重要有形民俗文化財になりました。

角田市内で国の指定を受けた文化財としては、高蔵寺阿弥陀堂・高蔵寺の阿弥陀如来坐像・旧佐藤家住宅・梁瀬浦遺跡に続いて5件目となります。梁瀬浦遺跡が国の指定を受けた昭和52年以来、35年ぶりに市内で国指定文化財が誕生しました。

下の写真は、今回の指定書です。


このページに関するお問合せ
角田市教育委員会事務局生涯学習課
住所:〒981-1505 宮城県角田市角田字牛舘10
電話:0224-63-2221