市政・まちづくり

角田市男女共同参画計画について

  • [2019年4月1日]

角田市男女共同参画計画(第2次)

1.計画策定の趣旨
 角田市では、平成16年2月に「角田市男女共同参画計画 かくだ男女生き生きプラン」を策定し、男女共同参画社会の実現に向けた取組を総合的かつ計画的に推進してきました。
 また、少子高齢化の進展による人口減少社会の到来、ライフスタイルや世帯構造の変化等に伴い、女性の社会進出等に関連する法律が施行されるなど、男女共同参画社会を取り巻く環境は大きく変化してきました。
 こうした状況の下、男女共同参画の意識や取組は広まってきているものの、家庭や職場、地域における男女の固定的な役割分担意識に基づく、性差に関する偏見や社会制度・慣行等が今なお残っており、男女共同参画社会の実現に向けてより一層の努力が必要とされています。
 このため、男女共同参画の理念及び推進の必要性を市民に広く普及啓発し、男女共同参画社会の形成をさらに推進するため、これまでの取組や市民意識調査の結果等を基に、国の「男女共同参画基本計画」及び「宮城県男女共同参画基本計画」を勘案し、「角田市男女共同参画計画(第2次)」を策定します。

2.計画の位置づけ
(1)本計画は、男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)第14条第3項に基づく「市町村男女共同参画計画」です。
(2)本計画は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(平成13年法律第31号)第2条の3第3項に基づく「市町村基本計画」と一体的に策定するものです。
(3)本計画は、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(平成27年法律第64号)第6条第2項に基づく「市町村推進計画」と一体的に策定するものです。
(4)本計画は、「角田市長期総合計画」、その他の関連する分野別計画との整合性を図り、策定するものです。

3.計画の期間
 2019年度から2025年度までの7年間

4.計画の内容
(1)総合的かつ長期的に講ずべき男女共同参画の推進に関する施策の大綱
(2)(1)のほか、男女共同参画の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項

5.計画への取組
 本計画においては、本市の現状及び課題を明らかにし、基本目標を定め、数値目標を掲げて、男女共同参画の推進に関する施策に取り組んでいくこととします。

6.計画の推進
 社会のあらゆる分野において、男女共同参画を推進していくために、市が行う事業について、男女共同参画の視点に配慮することを推進します。また、市民、事業者及びNPO等各種団体の理解と協力を得るとともに、家庭、職場、地域等における市民及び事業者の自主的な活動及び男女共同参画社会の実現に向けた取組への積極的な参加を働きかけます。

7.計画の構成
 本計画では、市民意識調査の結果等から本市の現状及び課題を分析するとともに、宮城県男女共同参画基本計画を踏まえ、社会全体、家庭、学校教育、職場、農林水産業・商工自営業及び地域の分野に分け、これらの分野ごとに目指すべき目標を掲げ、具体的な施策を示しています。また、東日本大震災を教訓とした防災分野における各種取組についても記載しています。
 男女共同参画の推進に関する施策は、分野ごとにそれぞれ単独で完結するものではなく、相互に関連し合い、男女共同参画社会の実現に影響を与えるものです。
 

このページに関するお問合せ
角田市総務部企画財政課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2113