くらし

新型コロナウイルス感染症に関わる保険料(税)の減免について

  • [2020年6月26日]

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減った場合などに、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料の減免を受けることができます。


減免の対象となる方

下記@、Aのいずれかに該当の場合対象となります。

@新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又
 は重篤な傷病を負った世帯の方

A新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入
 減少が見込まれ、国民健康保険税及び後期高齢者医療保険料は以下
 の(1)から(3)のすべてに、介護保険料は(1)と(2)に該当する世帯の
 方

主たる生計維持者について、
(1)事業収入や給与収入など、種類ごとに見た収入のいずれかが、前年
 に比べて10分の3以上減少する見込みであること
(2)収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400
  万円以下であること
(3)前年の所得の合計額が1,000万円以下であること


減免対象及び減免の割合

●減免対象保険料(税)
 令和元年度分及び令和2年度分の保険料(税)のうち、令和2年2
 月1日から令和3年3月31日までに納期限を迎える保険料(税)

●減免の割合
 減免対象保険料(税)額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額







A:世帯の被保険者全員について算定した保険税額
B:主たる生計維持者(国保上の世帯主)の減少が見込まれる事業
  収入等に係る前年の所得額
C:主たる生計維持者(国保上の世帯主)及び世帯の被保険者全員
  の前年の合計所得金額
D:主たる生計維持者(国保上の世帯主)の前年合計所得金額
    300万円以下:全部(10分の10)
    400万円以下:10分の8
    550万円以下:10分の6
    750万円以下:10分の4
   1,000万円以下:10分の2

 









A:同一世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料
  額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る
  前年の所得額
C:主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金
  額
D:主たる生計維持者の前年合計所得金額
     300万円以下:全部(10分の10)
     400万円以下:10分の8
     550万円以下:10分の4
   1,000万円以下:10分の2

 




A:第一号被保険者の保険料額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る
  前年の所得額
C:主たる生計維持者の前年の合計所得金額
D:主たる生計維持者の前年合計所得金額
     200万円以下:全部(10分の10)
     200万円超 :10分の8

 
 ※主たる生計維持者の事業の廃止や失業の場合は、前年の合計所得金額
 に関わらず、対象保険料(税)の全部を減免します。
※非自発的失業による国民健康保険税の軽減に該当する方は減免対象外
 です。
※上記Bが0円以下の場合減免対象外です。


申請方法等

 ●申請方法
・来庁の場合
 下記の必要書類等を持参し、本人又は同一世帯の方が申請下さい。
・郵送の場合
 減免申請書、事業収入等の状況申告書に記入、押印し、状況がわか
 る書類のコピーを同封してください。

●必要書類等
・減免申請書(下記に掲載の様式をご利用ください)
・身分証明書(運転免許証など)
・印鑑(シャチハタ不可)
・(上記「減免の対象となる方」@に該当の場合)医師の診断書等新
 型コロナウイルス感染症により死亡または重篤な傷病を負ったことが
 わかる書類
・(上記「減免の対象となる方」Aに該当の場合)事業収入等の状況
 申告書(下記に掲載の様式をご利用ください)
・(上記「減免の対象となる方」Aに該当の場合)主たる生計維持者
 の減収が見込まれる事業等の令和元年中及び令和2年1月から申請
 までの収入並びに補填金や保険金の金額が確認できる書類
 (売上帳、給与明細、預金通帳等)

●申請期限
 令和3年3月31日 ※郵送の場合必着

 

市税等の徴収猶予について

新型コロナウイルス感染症の影響により、納期限までに市税等を納付するのが困難な場合、一定の要件に該当すれば徴収猶予を申請することができます。

このページに関するお問合せ
角田市総務部税務課
住所:〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41
 電話:0224-63-2114