ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ココカクダ > イベント > イベント > どんと祭はだか参り

本文

どんと祭はだか参り

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2020年7月28日更新

概要

どんとさいはだかまいり

どんとさいはだかまいりの画像1どんとさいはだかまいりの画像2

どんと祭は毎年1月14日の夜に行われる宮城県を中心とした独特の祭りで、家庭でお祀りしていた正月飾りや古神札等を神社で燃やし、火にあたって厄払いをする。この火は正月の間に各家庭に訪れていた神々様を送る「御神火」で、あたると心身が清められ、一年間神様のご守護を戴けるという言い伝えがある。
2017年には第30回目を迎え、市内の企業や近隣の市町村等から計85名が参加(内女性7名)、地元のスポーツ少年団の参加も合わせ実に125名の大行列となった。

住所

電話

0224-62-1242(角田市商工会青年部)

Fax

0224-62-0727(角田市商工会青年部)

Email

URL

http://www.kakuda.miyagi-fsci.or.jp/<外部リンク>

詳細情報

「やー、ほいほいほい」の掛け声とともに、わらで作られた「鳥追い棒」で地面を打ち払いながら町を練り歩き、市民の無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願しながら、市内の神社を参拝します。
この掛け声を聞きつけた鳳の鳥が、災いを取り去ってくれるのだそうです。寒い冬の夜を、下帯にしめ縄を付けただけの姿で、約2時間半町中を歩きます。参拝コースは2つあり、どちらに行くかは自由。各神社では、参拝した後にはだか参りの人たちがおひねりやお餅などを撒いてくれます。
そのため、どの神社もかなり混みます。境内では「含み紙(紙の中に五円玉が包まれている)」をくわえて、私語は厳禁。
途中、いろんなところで休憩ポイントがあり、参加者にお酒や豚汁が振る舞われます。
毎年参加者を募集しています。

参拝ルート

神明社 → 天神社 → 八幡神社 ┬→ 金刀比羅社 → 青麻神社
└→ 斗蔵神社

GO!角田ブログ関連リンク

道の駅角田<外部リンク>

角田市地域振興公社<外部リンク>

角田市商工会<外部リンク>