ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民福祉部 > 地域包括支援センター > 「高齢者等の見守りの取組に関する協力協定」を締結しています

本文

「高齢者等の見守りの取組に関する協力協定」を締結しています

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2015年12月10日更新

(株)ジェイエイ仙南サービスおよび読売センターと「高齢者等の見守りの取組に関する協力協定」を締結しました

 平成27年12月2日、角田市と(株)ジェイエイ仙南サービスおよび市内に配達先のある読売センターの間で「高齢者等の見守りの取組に関する協力協定」を締結しました。協力協定の内容は配達員等が、数日間置かれたままの新聞等を発見した場合や罵声などが頻繁に聞こえ虐待を受けているおそれがある場合に、行政への連絡や、警察や消防への通報などに協力するものです。
 市では、民生委員・児童委員や行政区長を中心に高齢者等の見守り活動を実施していますが、配達による継続的な訪問で、高齢者の異常の発見につながる可能生が高いことから更なる安全のために協定を締結したものです。
 角田市の高齢化は年々進み、平成27年9月末現在65歳以上の高齢者は9,454人で高齢化率は31%に達しています。1人暮らしの高齢者は平成27年3月末現在2,209世帯、認知症の方も1,000人を越えている状況です。

(株)ジェイエイ仙南サービス加藤代表取締役社長(右)と角田市長の画像
(株)ジェイエイ仙南サービス加藤代表取締役社長(右)と角田市長

読売センター各販売所所長と角田市長の画像
読売センター各販売所所長と角田市長

 角田市では平成25年1月にみやぎ生活協同組合、平成26年8月に河北新報各販売所及び角田郵便局と協定を締結しており、これで、合わせて5件となります。

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?