ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民福祉部 > 地域包括支援センター > 認知症高齢者が保護された場合に連絡できるシステムをご活用ください

本文

認知症高齢者が保護された場合に連絡できるシステムをご活用ください

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2017年5月1日更新

認知症高齢者等見守りQRコード活用事業

認知症の方を保護した際に、早期に身元を特定できる方法です。

 角田市では、認知症の高齢者等の衣服や持ち物に、事前に連絡先を登録したQRコードのシールを貼っていただくことで、外出して保護された際に、早期に身元が確認できるようにするための「認知症高齢者等見守りQRコード活用事業」を実施しています。

利用方法

対象者

おおむね65歳以上の認知症状を有する方

手続きの流れ
  1. 角田市地域包括支援センターへ利用の申請を行う。
  2. 角田市から決定通知が届く。
  3. 市が委託している業者から、申請者(家族等)のもとにQRコードのシールが届く。
    利用者負担額1,100円(年間登録料)を支払う。(業者あてに振り込む)
  4. 衣服、カバン、財布、帽子、杖などにシールを貼る。
利用者が保護された場合
  1. 保護した方が、QRコードを読み込み、表示された市が契約している受信センターの連絡先に電話する。
    ⇒受信センターから警察署や事前に登録された家族等へ連絡する。
  2. QRコードの使い方がわからない場合は、シールに書かれた警察署の電話番号に電話する。⇒警察署で高齢者等を保護し、受信センターへ連絡し、身元を確認する。
    ※詳しい利用の仕方は、以下のイメージ図をご確認ください。

イメージ図[PDFファイル/374KB]

問い合わせ先・申請先

角田市地域包括支援センター
 住所:角田市角田字柳町35-1
 角田市総合保健福祉センター内
 電話:0224-61-1288

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)