ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民福祉部 > 市民課 > 令和元年台風19号により被災された方の国民健康保険及び後期高齢者医療一部負担金免除の終了・還付申請について

本文

令和元年台風19号により被災された方の国民健康保険及び後期高齢者医療一部負担金免除の終了・還付申請について

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2020年10月1日更新

被災された方の国民健康保険及び後期高齢者医療一部負担金免除の終了・還付申請について

 台風19号により被災された国民健康保険及び後期高齢者医療被保険者で、下記に該当する方の医療機関での一部負担金免除を実施しておりましたが、9月30日(水曜日)で終了しました。

 還付申請がお済みでない方は、11月30日(月曜日)までに市民課保険年金係へ申請をお願いします。

 ※免除証明書交付済みの方が交付後に医療機関に提示せず支払いをした分は還付の対象となりません。

免除の対象者

 令和元年台風19号により、次のいずれかに該当した方

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方
  2. 主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負った方
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止または休止した方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方(失業給付金受給者は対象外となります)

※一部損壊(床下浸水)被害の場合は対象外となります。

申請期限・受付時間

 令和2年11月30日(月曜日)まで
 午前8時30分~午後5時15分まで (土・日・祝日を除く)

免除を受けられる期間

 令和元年10月12日(土曜日)から令和2年9月30日(水曜日)までの診療・調剤・訪問看護
※入院時の食事代や療養費(コルセット代等)、柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師による施術代等は対象となりません。

還付申請に必要なもの

  • り災証明書
  • 健康保険証
  • 印鑑(シャチハタ以外)
  • 医療機関で発行された領収書
  • 身分証明書(運転免許証等)
  • 通帳(国民健康保険の方は世帯主名義、後期高齢者医療の方はご本人名義)
  • 免除の対象者のうち(2)~(5)に該当する方は事実が確認できる書類

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?