ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民福祉部 > 生活環境課 > 自動車騒音常時監視の結果について

本文

自動車騒音常時監視の結果について

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2021年7月6日更新

自動車騒音常時監視とは

 自動車騒音常時監視は、騒音規制法の第18条第1項の規定に基づき、国・県等が自動車騒音対策を計画的総合的に行うための基礎資料となるように、地域の騒音暴露状況を経年的に把握する事を目的として実施しております。
 評価方法については、市内で、騒音レベルを測定し、面的評価を行います。平成24年度から、市の固有事務となりました。

自動車騒音の面的評価とは

 市内の幹線道路に面する地域(道路端から50メートルの範囲)を対象に、道路構造等により評価区間を設定し、その評価区間内の代表する1地点で等価騒音レベルを測定して、その結果を用いて、自動車騒音が与える影響を評価します。

令和2年度角田市自動車騒音常時監視結果

令和2年度自動車騒音常時監視結果 [Excelファイル/13KB]

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?