ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民福祉部 > 子育て支援課 > 幼児教育・保育無償化について【令和元年10月1日から実施】

本文

幼児教育・保育無償化について【令和元年10月1日から実施】

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2021年4月1日更新

幼児教育・保育無償化の概要について

幼児教育の機会の保障と子育て世帯負担軽減を図るため、令和元年10月1日より、幼児教育・保育無償化が実施されます。
3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する子どもたちの利用料が無償化されます。
また、0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子供たちも無償化の対象となります。

保育所・認定こども園の利用について

市内の対象施設

公立 中島保育所
私立 角田光の子保育園、なかよしこどもえん(保育分)、角田なかよし保育園、さくら保育園
※なかよしこどもえんは、幼保連携型認定こども園になります。
※角田なかよし保育園、さくら保育園は、小規模保育事業で、0歳児クラス~2歳児クラスになります。

保育料等の詳しい説明については、下記のファイルを参照ください。

保育所・認定こども園の利用について[PDFファイル/380KB]

幼稚園の利用について

市内の対象施設

私立 ミネ幼稚園、角田カトリック幼稚園、なかよしこどもえん(幼稚園分)
※なかよしこどもえんは、幼保連携型認定こども園になります。

 利用料等の詳細については、下記のファイルを参照ください。

 市内の幼稚園の預かり保育、市外の幼稚園(新制度未移行幼稚園)を利用している方は、施設等利用給付認定を受ける必要がありますので、【幼児教育・保育無償化に係る施設等利用給付認定】のページを参照ください。

一時預かり事業、認可外保育施設等の利用について

対象施設・事業

※あすなろの木保育園は認可外保育施設(仙南病院)ですが、企業主導型保育事業になり、手続きが異なります。

利用料等の詳細については、下記のファイルを参照ください。

無償化の対象となるためには、施設等利用給付認定を受ける必要がありますので、【幼児教育・保育無償化に係る施設等利用給付認定】のページを参照ください。

問い合わせについて

幼児教育・保育無償化に係る申請や相談について、詳しく知りたい方は、子育て支援課保育係まで問い合わせください。

幼児教育・保育無償化に合わせて、角田市内の児童館・児童センター(横倉・桜・北郷・金津)の利用料も令和元年10月1日より無償化になります。
※角田市内の児童館・児童センター(横倉・桜・北郷・金津)は令和2年度(令和3年3月31日)をもちまして、閉館になります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)