ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業建設部 > 農林振興課 > 中山間地域等直接支払制度について

本文

中山間地域等直接支払制度について

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2020年8月14日更新

中山間地域の農業者を支援する制度です

国土の7割を占める中山間地域

 中山間地域とは、山間地やその周辺の地域など、地理的条件が悪く、農業の生産条件が不利な地域のことです。国土の約7割、耕地面積の約4割を占め、重要な農業生産地域となっています。中山間地域の農地は、河川の上流域に位置するため、水源のかん養や洪水防止などの多面的な機能を持っています。

国土の7割を占める中山間地域の画像

交付金で農業者を支援

 中山間地域等直接支払制度は、中山間地域などの農業生産条件が不利な地域で、5年以上農業を続けることを約束した農業者に対し、交付金を交付する制度です。
 この制度は、平成12年度からスタートし、令和2年度からは第5期対策(5ヶ年)として新たな取り組みが進められています。
 交付金は、集落協定(参加する農業者の取り組みを定めたもので、市が認定したもの)に基づき、全額が共同の取り組み活動に使用されます。

交付金で農業者を支援の画像

角田市での取り組み

 角田市では、西根地区の4つの集落(西根1区、4区、5区、6区)が交付金を受けています。
 昨年度は、集落協定に基づき、農道・水路の修繕や草刈りの他に、農地・農村の持つ多面的な機能を増進する活動・集落の活性化など、さまざまな取り組みに活用されました。

令和元年度の取組み内容

行政区
面積
交付金
主な取り組み事項

西根1区
​ 79,142平方メートル
 1,661,982円

  • 景観作物の栽培
  • 田植え・稲刈り体験
  • 直売所
  • 共同作業による景観形成の整備

西根4区
 106,168平方メートル
 2,229,528円

  • ホタルの里づくり・観賞会
  • 土壌改良
  • イノシシ対策
  • 共同作業による景観形成の整備

西根5区
 202,961平方メートル
 4,262,181円

  • 地場産品加工
  • 特産品開発
  • イノシシ対策
  • 共同作業による景観形成の整備

西根6区
 192,539平方メートル
 4,043,319円

  • 景観作物の栽培
  • イノシシ対策
  • 共同作業による景観形成の整備

農林水産省、宮城県、関連ページ