ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 郷土資料館 > 【郷土資料館】甲冑展4月24日から5月16日

本文

【郷土資料館】甲冑展4月24日から5月16日

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2021年4月22日更新

お知らせ

【甲冑展】4月24日から5月16日まで開催(入館無料)

角田館主石川氏家臣団の甲冑をはじめ、明治以降の甲冑、本物そっくりの紙甲冑などその数20以上。家臣団ゆかりの刀、槍、薙刀、火縄銃などの武具も展示します。

※体験コーナー中止のお知らせ

「甲冑を着てみよう」「戦国武将家紋切紙をしよう」は、新型コロナウイルス感染予防のため中止いたします。

甲冑展チラシ

甲冑展チラシ [PDFファイル/344KB]

 

甲冑展

※新型コロナウイルスの影響により、内容を変更する場合があります。

『牟宇姫への手紙1 五郎八姫編』を刊行・販売

当館所蔵の牟宇姫宛の手紙を解読した報告書を刊行しました。(令和2年3月)
資料館窓口のほか、郵送による販売も致します。

角田市文化財調査報告書第53集
角田石川家に嫁いだ伊達政宗の次女
『牟宇姫への手紙1 五郎八姫編』 定価1,500円 A4判188頁

牟宇姫への手紙1 五郎八姫編の画像

『牟宇姫への手紙1五郎八姫編』詳しい内容と購入方法はこちら

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来館の皆さんには感染症対策をお願いしております。
詳しくは、下記「郷土資料館からのお願い」をご覧ください。
また、団体でのご利用を検討されている場合は、事前にご連絡ください。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力お願いいたします。

「郷土資料館からのお願い」[PDFファイル/314KB]

施設のご案内

角田市郷土資料館

当館は、明治初年から大正期にかけて郷土の旧大地主初代と2代目氏家丈吉(うじいえじょうきち)氏が建築した邸宅を昭和60年6月に角田市が譲り受け、郷土資料館として整備したものです。
「旧氏丈邸(きゅう・うじじょうてい)」は角田市指定文化財であり、当時の生活や建築様式に触れることができます。また、歴史民俗資料、考古資料などの常設展示のほか、企画展や季節に合わせた催し物もおこなっています。

常設展示

浴室のステンドグラス

旧氏丈(うじじょう)邸、米蔵を利用した展示室(考古資料・角田館主石川氏関係資料)をご覧いただけます。

ご利用案内

開館時間

9時00分~16時30分

休館日

月曜日
国民の祝日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
年末年始 (令和2年12月26日から令和3年1月4日まで)

4月カレンダー5月カレンダー

観覧料

無料 ※ただし、企画展期間中は有料。

交通案内

阿武隈急行「角田駅」から徒歩20分またはタクシー5分
駐車場:普通車30台。大型バス可。

地図はこちら<外部リンク>

問い合わせ

角田市郷土資料館
〒981-1505 宮城県角田市角田字町17
Tel/Fax: 0224-62-2527
E-Mail: kyodo-siryokan@city.kakuda.lg.jp

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)