ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上下水道事業所 > 上下水道事業所 > 漏水の確認方法、漏水などによる水道料金の減免

本文

漏水の確認方法、漏水などによる水道料金の減免

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2019年5月1日更新

漏水の確認方法

1.お使いになっている蛇口を全部閉めてください。
2.メーターボックスのふたを開けて、水道メーターを確認してください。
3.蛇口を全部閉めても、パイロット(メーターの数字の左下にある銀色の丸いもの)が回り続ける場合は、漏水が考えられます。

 

※漏水は、大切な水を無駄にするばかりでなく、ご家庭での水道料金の負担も大きくなります。わずかな漏水でも、すぐ角田市指定給水装置工事事業者へ依頼し、修理するようにしましょう。修理代は、お客様の負担となります。

水道料金の減免

 ご自宅の敷地内にある給水装置(給水管や蛇口など一式)は、お客様の財産であり、お客様の責任で管理していただくこととなっております。したがって、漏水などが原因でありましても、原則として水道メーターで計量された水量の水道料金をご負担していただくこととなります。


 しかし、災害や漏水等に伴うお客様の水道料金のご負担を考慮し、角田市水道使用水量認定基準に該当する場合(漏水の場合、一定の水量を超えた場合のみ)に限り、認定された使用水量による水道料金となることがあります。

水道使用水量を認定(水道料金の減免)できる場合

 次のいずれかに該当し、使用水量が不明のときは、水道使用水量を認定することができます。

  1. 火災、地震、風水害等の自然災害の場合
  2. 地下漏水等の漏水の発見が困難な場合であり、市が指定する
    給水装置工事事業者により給水装置の修繕が行われた場合

 使用水量認定の対象とならない場合や使用水量の算定方法については「角田市水道使用水量認定基準」にてご確認してください。

角田市水道使用水量認定基準[PDFファイル/129KB]

申請方法について

 漏水の場合は、角田市指定給水装置工事事業者の修理証明書を添付して以下の申請書を提出して下さい。

漏水していた月の水道料金が請求されている場合

漏水していた月の水道料金が請求される前の場合

 

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)