ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業建設部 > 都市整備課 > 角田市防災・減災構想

本文

角田市防災・減災構想

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2021年7月8日更新

角田市防災・減災構想

令和元年東日本台風(台風第19 号)による記録的な豪雨等により発生した災害の復旧・復興に向けた復旧工事等を進めるとともに、洪水による家屋浸水被害が集中した住宅密集地や河川等近接地を被害発生原因毎に分類した7 地区(小田・裏町地区、左関地区、岡・江尻地区、江尻谷津前地区、野田地区、枝野地区、神次郎地区)について浸水被害発生要因を検証し、また、今後の大雨等による浸水被害に対するハード対策を検討しその方向性を具体的に示すことにより、計画的に対応するため、「角田市防災・減災構想」を策定しました。

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)