ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > まちづくり政策課 > 独立行政法人住宅金融支援機構との【フラット35】地域活性化型及び新婚生活支援事業補助金に係る相互協力に関する協定を終結しています

本文

独立行政法人住宅金融支援機構との【フラット35】地域活性化型及び新婚生活支援事業補助金に係る相互協力に関する協定を終結しています

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2017年11月2日更新

平成29年11月2日、角田市と独立行政法人住宅金融支援機構は、地域の活性化と市民生活の向上に向け、幅広い分野において協働の取組を実施するため、「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型及び定住促進、角田・いらっしゃいプラン推進事業住宅取得補助金に係る相互協力に関する協定書」を締結しています。

これは、「地域活性化」について、積極的な取り組みを行う地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し協定を結ぶことで、住宅取得に対する市の補助金などの財政的支援と合わせて、「フラット35」の借入金利を一定期間引き下げるものです。
住宅を取得する移住者世帯が「フラット35」のローンを借りる際に、市の支援事業及び住宅金融支援機構のメニューのどちらにも該当した場合、当初5年間に限って、ローン金利の0.25パーセントの引き下げを受けることができます。

市の補助事業
 対象となる市の補助事業は「角田市結婚新生活支援事業」です。
 詳しくは、各ページをご覧ください。
角田市結婚新生活支援事業補助金
住宅金融支援機構のメニュー
【フラット35】子育て支援型・地域活性化型​<外部リンク>

協力内容

タイアップチラシ[PDFファイル/693KB]

協定式の模様

協定式の模様の画像

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)