ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 財政課 > 角田市では行政手続の押印廃止を進めます

本文

角田市では行政手続の押印廃止を進めます

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2021年4月1日更新

ハンコレス化イメージ角田市では、行政手続の利便性向上及び将来的な行政手続のオンライン化等を見据え、今年度、段階的な押印廃止を進めます。
押印廃止を進めるにあたり、令和2年度中に廃止可能な行政手続については先行して見直しを実施し、269手続(市の規則・要綱・規程又は慣行等により押印を義務付ける行政手続:171手続、国の法令等・県の条例等・その他外部機関のルールにより押印を義務付ける手続:98手続)について、原則押印を廃止とさせていただきました(詳しくは、別添の「令和2年度中に押印を廃止した手続」をご参照下さい。)。
残る行政手続についても、押印廃止に向け、庁内作業を進めて行くとともに、取組みの成果については、随時、市ホームページ等で周知させていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

令和2年度中に押印廃止した手続 [PDFファイル/516KB]

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)