ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民福祉部 > 市民課 > 後期高齢者医療制度

本文

後期高齢者医療制度

印刷ページ表示
<外部リンク>
更新日:2020年4月1日更新

対象となる方

  1. 75歳以上の方
  2. 65歳から74歳までの一定の障害がある方

 それまで加入していた国民健康保険や会社の健康保険などから、自動的に後期高齢者医療制度に移行します。 

医療機関での窓口負担

  医療機関にかかるときは,「後期高齢者医療制度」の被保険者証を提示します。
  
医療機関での窓口負担割合は、1割です。ただし、現役並み所得者3割です。

  現役並み所得者:住民税課税所得(各種控除後)が145万円以上の被保険者がいる世帯の方。 

  ただし、次の要件に該当する場合には、申請により1割負担となります。

  1. 同じ世帯に被保険者が1人で、収入が383万円未満。
  2. 同じ世帯に被保険者が複数で、収入の合計額が520万円未満。
  3. 同じ世帯に被保険者が1人で、収入が383万円以上でも、70~74歳の方がいる場合はその方の収入を合わせて520万円未満。

被保険者証

  後期高齢者医療制度の被保険者証は、被保険者一人に1枚交付されます。
  今まで使用していた国民健康保険や社会保険等の被保険者証は使えなくなりますので、発行元へ返還していただくようになります。

  被保険者証は毎年8月1日に新しくなります(色は、毎年変わります)。

保険料と納付方法

保険料

保険料については、県全体で必要となる医療費をまかなえるよう、その1割を被保険者全員で負担することになります。保険料は広域連合ごとに条例で定められ、2年ごとに見直しされます。

令和2・3年度の保険料

宮城県の保険料率

  所得割率  7.97%

  均等割額  42,240円

  上限額   640,000円

  保険料は全員が納めることになります。

納付方法

  原則として年金から天引きされます。
  ただし、年金額が少ない方や年度途中に年齢到達等で制度に加入した方等は、納付書により納めていただく場合もあります。

軽減

  所得が低い方や会社の健康保険などの被扶養者であった方など一定の条件を満たす場合、保険料が軽減されます。

運営

  都道府県単位で、すべての市町村が加入する「宮城県後期高齢者医療広域連合」が運営します。

市町村の役割

  • 保険料の徴収
  • 申請者届出の受付
  • 保険証の引渡しなどの窓口業務を行います。

広域連合の役割

  • 保険料の決定
  • 医療を受けたときの給付などを行います。

宮城県後期高齢者医療広域連合<外部リンク>